無産大衆党

無産大衆党

(社会)
むさんたいしゅうとう

かつてあった日本の左派無産政党。1928年に労働農民党の結社禁止後に山川均ら反幹部派が東京で結成した。単一無産政党実現を目指し、同年12月には日本労農党などと合流して日本大衆党を結成した。

新着ブログ: 無産大衆党