Hatena Blog Tags

特別区

(地理)
とくべつく

都の区。現在は、東京都の23区
地方自治法での「特別地方公共団体」の一種で、法人格を有する。


平成12年4月の都区制度改革地方自治法改正)によって、東京23区は「基礎的な地方公共団体」となり、「普通地方公共団体」である市に近い権能を持つようになった。

歴史

1878年:東京府の多数の区が再編成され、15区(麹町区、日本橋区、神田区、京橋区、麻布区、芝区、四谷区、赤坂区、牛込区、小石川区、本郷区、下谷区、浅草区、本所区、深川区)となった。
1932年:近接した府内5郡82町村を20区(淀橋区、向島区、城東区、荏原区、大森区、滝野川区、王子区、蒲田区、豊島区、品川区、目黒区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、板橋区、足立区、葛飾区、荒川区、江戸川区)として編入し、従来の15区と合わせて35区となった。
1947年5月3日:地方自治法施行により、22特別区となった。
1947年8月1日:板橋区のうち、旧・練馬町、上練馬村、中新井村、石神井村、大泉村のほぼ全域及び小竹町(旧・上板橋村大字上板橋字小竹)、江古田町(旧・上板橋村大字上板橋字江古田、現・旭丘)を練馬区として分区し、現在の23特別区になった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

下町と新興地域、子育て、政治の家業化、カネ…東京15区衆院補選はなぜ重要か 有本香(2024年2月18日『下町と新興地域、子育て、政治の家業化、カネ…東京15区衆院補選はなぜ重要か 有本香 以読制毒 2024/2/18 08:00 週刊フジ Xでポストする 反応 Facebookでシェアする はてなブックマークに追加する リンクをコピーする 印刷 豊洲などのマンション群 豊洲などのマンション群 来る4月28日(日曜)投開票で、3選挙区での衆院補選(同月16日告示)が行われる。 3選挙区とは、亡くなった

来る4月28日(日曜)投開票で、3選挙区での衆院補選(同月16日告示)が行われる。 3選挙区とは、亡くなった細田博之前衆院議長の島根1区と、パーティー券の「裏金」問題で辞職した谷川弥一元衆院議員の長崎3区、そして、14日行われた初公判で、東京・江東区長選での買収を認めた元衆院議員、柿沢未途被告の選挙区だった東京15区である。 筆者が最も注目するのは、この東京15区だ。理由は後述するとして、柿沢被告の起訴内容は、昨年4月に行われた江東区長選で前区長の木村弥生被告を当選させるため、2月~10月の間に自民党区議や陣営スタッフらに現金約280万円を提供するなどしたほか、有料動画広告を配信したことだった…