特定建設業

(一般)
とくていけんせつぎょう

日本の建設業許可の区分の1つ。元請工事を下請を使って施工する場合にその下請代金の額が4500万円以上になる場合に必要となる許可である(建築一式工事以外は3000万円以上)。一般建設業の要件を満たすとともに専任技術者や資本金の用件などが厳しくなっている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ