独裁官

(一般)
でぃくたとーる

dictatorの訳語。
古代ローマの官職。常設ではなく非常時にのみ置かれるもの。
共和制ローマはほぼすべての官職が2名以上の定員を持ち、同僚同士でチェック&バランスするシステムになっていた。が、それでは間に合わない非常時(主に戦争時)に設置されることになっていた。
その権限は絶大であり、元老院も民会も執政官も、護民官の拒否権すらも及ばず、「政体の改変」以外のすべてを行える。
任期六ヶ月、定員はもちろん1名。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ