玄侑宗久

(一般)
げんゆうそうきゅう

僧侶・作家。東日本大震災復興構想会議のメンバー。
1956年福島県生まれ。慶應義塾大学文学部中国文学科卒。
『中陰の花』で第125回芥川賞を受賞。
主な著書には『アブラクサスの祭』, 『化蝶散華』, 『御開帳綺譚』, 『アミターバ』, 『まわりみち極楽論』などがある。
デビュー作は『水の舳先』。
2009年度より花園大学客員教授。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ