田辺元

田辺元

(読書)
たなべはじめ

哲学者。1885年2月3日、東京生まれ。
東京大学数学科から哲学科に転じ、1908年卒業。
東北大学講師、京都大学助教授、同教授を歴任。
自然科学の哲学的基礎を築き、西田哲学の後継者として田辺哲学を樹立した。
西田幾多郎の「場所」に対して田辺は「主体」の哲学を唱えたところに特徴がある。
1962年4月29日没。

[主要著書]

  • 『科学概論』
  • 『数理哲学研究』
  • 『カントの目的論』
  • 『ヘーゲル哲学と弁証法』
  • 『懺悔道としての哲学』
  • 『政治哲学の急務』
  • 『ヴァレリーの藝術哲学』
  • 『哲学入門』

新着ブログ: 田辺元