甲子夜話

(読書)
かっしやわ

日本の江戸時代に平戸藩主の松浦静山(松浦清)が書いた随筆。1821年から1841年までのことが書かれている。江戸時代後期の田沼時代から化政文化期にかけての政治や文化などの知るための文献としての価値が高い。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ