男装の麗人

(一般)
だんそうのれいじん

清朝の皇族粛親王の第十四王女、川島芳子(本名:愛新覺羅顯㺭(あいしんかくら けんし))が17歳で自殺未遂事件を起こした後、断髪し男装するようになったことをモデルとした小説。
芳子の端正な顔立ちや、清朝皇室出身という血筋といった属性は高い関心を呼び、芳子の真似をして断髪する女性が現れたり、ファンになった女子が押しかけてくるなど、マスコミが産んだ新しいタイプのアイドルとして、ちょっとした社会現象を巻き起こした。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ