留魂録

(読書)
りゅうこんろく

安政の大獄で、刑死間際の吉田松陰が、弟子たちに宛て、血もしたたる思いで書いた遺言状。この文書は2部作成されたが、そのうちの1部を弟子たちが読み、明治維新の成立におおく寄与した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ