畠山高政

(社会)
はたけやまたかまさ

大永7年(1527年)〜天正4年10月15日(1576年11月5日)
日本の戦国時代の大名。畠山尾州家(畠山政長流)の当主。
紀伊と河内を支配する戦国大名だったが教興寺の戦いなどで敗れ、河内における支配権を失い、紀伊に後退した。その後も失地回復を試みたが果たせなかった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ