疎外論

疎外論

(一般)
そがいろん

疎外(そがい)とは、人間が作ったもの(商品・貨幣・制度など)
が人間自身から離れ、逆に人間を支配する状態、
またそれによって、人間が人間性を失う状態をいう。
疎外 - Wikipedia

【疎外論図式】
ドイツ哲学におけるヘーゲル、フォイエルバッハ、初期マルクス
に代表される思考図式。
本来は人間がもっていたはずの本質が、社会関係によって
その人間から離れてしまい(外化=疎外)、逆にその人間を
支配するようになる、といった構図のこと。
(波状言論S改p37)

ネットの話題: 疎外論

人気

新着

新着ブログ: 疎外論