痛車

(一般)
いたしゃ

アニメやゲームのキャラクターのシールやイラストを貼り付けたりした車の総称。「イタ」リア車と「痛」々しいオタクの自己主張の掛詞になっている(この「痛い」は自らそう名乗ることで自虐的且つ誇らしげな意味合いを含む)。


'90年代後半に、「新世紀エヴァンゲリオン」に登場する「NERV」のマークを模したステッカーを車体に貼ったのが起源とされ、近年はカッティングステッカーのみならずフルカラー印刷によるステッカーが用いられ、ドレスアップカーの一ジャンルとしても認知されつつある。


ヲタ広告のラッピングバスや電車は通常これに含まれず、あくまでオーナーによる無駄なヲタ主張が痛さの秘訣といえるが、2008年の『マクロスF*1、「初音ミクレーシングカー」*2のように、メーカー自ら痛車を作り、プロモーションに活用する方法も見られるようになってきた。また、2007年から2008年にかけて自動車雑誌で特集が組まれたり、自動車雑誌出版社から痛車専門のムック本が刊行されたりした。


このほか、自動車プラモデルメーカーのアオシマからは『涼宮ハルヒの憂鬱』『らき☆すた』などの「痛車プラモ」*3が発売されたほか、シーシーピーからは『マクロスF』の痛車ラジコン「きゃらコン」*4が発売される等、現実の自動車周辺文化とも融合しつつある。

  • 最近では痛車によるコミケ会場付近での路上駐車、迷惑行為が問題となったため、オーナーらによる自助努力が呼びかけられている。
  • 二輪車の場合は痛単車(いたんしゃ)、自転車の場合は痛チャリと呼ばれる。

雑誌(ムック)

  • 『痛車グラフィックス』(芸文社)(http://www.geibunsha.co.jp/mook/ita/
  • 『痛車ろーど』(ソフトバンククリエイティブ)
  • 『痛車倶楽部』(ネコ・パブリッシング)
  • 『痛車Style』(学研)
  • 『痛車王』(ぶんか社)

ニュースサイト

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ