発泡ワイン

発泡ワイン

()
はっぽうわいん

(Sparkling wine、スパークリングワイン
炭酸ガスを含んだ発泡性のワイン。一般的な「スティルワイン(非発泡)」と同様にぶどうを発酵(一次発酵)させた後、そこに糖分と酵母を加えて二次発酵させ、生成する炭酸ガスを封じ込めて発泡性をもたせたもの。

種類

フランス

  • ヴァン・ムスー(Vin Mousseux)・・・発泡ワインの総称。
  • シャンパン(Champagne)・・・フランス・シャンパーニュ地方原産。総じて泡が非常に細かいのが第一の特徴。
  • クレマン(Crémant)・・・シャンパーニュ以外の地域で、シャンパンと同様の製法で造られた発泡ワイン。
  • ペティヤン(Pétillant)・・・フランス語で「ぱちぱちはねる」の意味で、弱発泡性のワインのこと。

エスプモーソ(スペイン)

  • カバ(Cava)・・・シャンパーニュ地方産ではないのでシャンパンとは呼ばないが、同等のトラディッショネル製法を用いた発泡ワインである。シャンパンと同じくらい古い歴史を持つ。

イタリア

ドイツ

  • シャウムヴァイン(Schaumwein)・・・発泡ワインの総称。
  • ゼクト(Sekt)・・シャンパンと同じ製法で造られた、ドイツの発泡ワイン。

オーストラリア

  • スパークリング・シラーズ・・・オーストラリアの発泡赤ワイン。

スロヴェニア

  • ペニーナ(Penina)・・・スロヴェニアの発泡ワイン。

新着ブログ: 発泡ワイン