登録販売者

(社会)
とうろくはんばいしゃ

概要

一般用医薬品を販売する資格の一つである。
平成21年度に施行された改正薬事法により、薬剤師とは別の医薬品販売専門資格として誕生した。

経緯

医薬品を購入できる場は、ドラッグストアのチェーン展開などにより増加していたが、そこで販売する薬剤師は不足していた。また、消費者はドラッグストアなどに薬を買いにいっても、店員が薬剤師なのかがわからず、薬剤師が不在でも購入できる状況にあった。その結果、健康被害が発生してしまった実態があった。 これを受け、「一般用医薬品の販売にふさわしい、薬剤師以外の専門家」として、登録販売者が誕生した。

販売できる医薬品

販売出来る医薬品は一般用医薬品のうち第二類医薬品(指定第二類含む)及び第三類医薬品に限られる。

登録販売者 薬剤師
第一類医薬品
第二類医薬品
第三類医薬品
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ