白話小説

(読書)
はくわしょうせつ

白話口語)で書かれた中国の小説であり、文話文語)で書かれた雅文体小説に対する語。
最も早期のものとして唐代の変文があり、宋代(12世紀)の講釈師の講史などの口演台本である話本に発し、徐々に読む小説となっていった。明代中期(16世紀)に入って、庶民向けの平易な小説として定着し、羅貫中施耐庵呉承恩らの小説家が、古くからの講史(語り物)を『三国志演義』、『水滸伝』、『西遊記』等のすぐれた長編白話小説にまとめあげるに至った。これらの長編に対して、17世紀に入り、馮夢竜は『喩世明言』『警世通言』『醒世恒言』を著し、凌濛初は『初刻拍案驚奇』『二刻拍案驚奇』を編んだ。

中華民国時期に陳独秀胡適魯迅らを筆頭にした白話運動が興り文語文が使用されなくなると、小説の区分としての白話小説は消滅した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ