白鳥の歌

白鳥の歌

(音楽)
はくちょうのうた

Schwanengesang
フランツ・シューベルト(1797-1828)による遺作となった歌曲集。
ルートヴィヒ・レルシュタープ、ハインリヒ・ハイネ、ヨハン・ガブリエル・ザイドルという3人の詩人による14の歌曲からなるが、シューベルト自身の死後に出版社や友人の手によってまとめられたものである。

白鳥の歌

(音楽)
はくちょうのうた

白鳥が死ぬ間際に最も美しい歌を歌うという古くからの言い伝えから、詩人・作曲家の遺作、音楽家の生前最後の演奏などを「白鳥の歌」(swan song)と呼ぶ。
ロックバンドの解散コンサート(ツアー)をこう呼ぶ場合もある。


参照:Swan song - Wikipedia

新着ブログ: 白鳥の歌