白鳳文化

(アート)
はくほうぶんか

日本の飛鳥文化と天平文化との中間に位置する文化。天武天皇の頃に栄えた。藤原京を中心とした天皇や貴族中心の華やかな文化であった。「万葉集」ができたのもこの頃である。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ