盲腸線

(地理)
もうちょうせん

起点・終点のどちらかが他の鉄道路線と接続しておらず、あたかも盲腸のように見える路線(又は路線の一部)のこと。
盲腸」と言う言葉には「役に立たないのになぜか残っている」といった意味合いも込められている。そのため、「短い」「列車の運行本数が少ない(又は乗客が少ない)」ことを「盲腸線」の条件とする人もいる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ