直接民主主義

(社会)
ちょくせつみんしゅしゅぎ

民主主義の実装の手法の一つ。国民・県民・市民など、統治範囲のメンバーが直接に政治上の意志決定に参画する。直接民主制。


これに対して、現在一般的に行われている、
「住民の代表者を選挙によって選出し、その代表者によって政治的意志判断がなされる」
手法は、間接民主主義とか代表民主主義とか代議制(代議制民主主義)とか議会制民主主義と呼ぶ。


形式的には直接民主主義は古代ギリシアの時代から行われていた*1が、政治の対象が物理的に巨大化しすぎたこと等が原因で、現在ではほとんどの国が代議制を採用している。部分的に、例えば国家の重要案件においては国民投票による判断を仰ぐ、などの形で採用されている程度である*2

*1:奴隷の存在を認める社会で民主主義とはなんぞやという疑問もなくはないが

*2:例外としては、例えばスイスの一部の州で行われているランツゲマインデなどがあげられる

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ