直木三十五

(読書)
なおきさんじゅうご

時代小説作家。1891年-1934年。
大阪に生まれる。本名植村宗一。
早稲田大学英文科で菊池寛、芥川龍之介と知己を結ぶ。
映画製作を手がけたのち文筆業をし『南国太平記』『荒木又右衛門』などを著し、大衆文芸の世界で活躍した。
1934年(昭和9年)2月24日没。享年43歳。
没後、当時『文藝春秋』を率いていた菊池寛が直木三十五の名を記念した賞(直木賞)を作ることとし、芥川賞と同時に翌1935年(昭和10年)に制定された。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ