相楽総三

(一般)
さがらそうぞう

1839年〜1868年3月26日
幕末の尊皇攘夷派志士。本名は小島四郎左衛門将満。江戸出身。
尊王攘夷派として天狗党の乱などに参戦。その後、討幕運動に加わり、1868年には赤報隊隊長となった。しかし、新政府軍に使い捨てられ、赤報隊は偽官軍の烙印を押され、相楽総三は下諏訪にて処刑された。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ