相沢忠洋

(サイエンス)
あいざわただひろ

リスト::学者::人文科学


(1926年‐1989年)考古学者。
日本の旧石器時代の存在が確認された岩宿遺跡の発見者として広く有名。
相沢忠洋記念館がある。


岩宿遺跡は終戦直後の1949年(昭和24年)に発掘調査が開始され、関東ローム層から旧石器が発見されたことにより日本にも旧石器時代が存在することが分かった。
当初、アマチュア考古学者であった相沢氏は冷遇され、その名は大きく扱われなかったが、氏はめげずに研究を続けた。その後、氏に対する批判は次第に消えていき、学校教育における古代史で紹介されるようになる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ