県犬養氏

県犬養氏

(一般)
あがたのいぬかいし

上古から連綿と続く古代氏族の一つ。『新撰姓氏録』によれば神魂命の8世孫、阿居太都命の後裔。
『日本書紀』での初出は安閑天皇の条で、屯倉の税を司っていたとされる。壬申の乱前夜に県犬養大伴が東国に向かおうとする天武天皇を出迎え、八色の姓制定後は宿禰の姓を賜る。
飛鳥時代後期から奈良時代中期までは県犬養橘三千代が天皇の信任を得たことによって少し勢力を伸ばすが、藤原氏との政権抗争に敗れた。
他、有名どころでは平将門の母親が県犬養氏であったとされる。

  • 県犬養橘三千代

派生氏族

新着ブログ: 県犬養氏