真人公園

真人公園

(地理)
まとこうえん

秋田県横手市増田町亀田にある真人山(標高391m)一帯を園域とする公園。「真人」の名は清原真人武則に由来するとされる。造園を手がけたのは秋田県内でも千秋公園、横手公園などを手がけた長岡安平である。真人山を背景に、苑池の周りに桜、梅、アヤメ、ツツジ、リンゴが植えられており、県内屈指の桜の名所として日本さくら名所100選に選定された。大正天皇即位記念事業として1917年(大正6年)に旧増田町に整備されたのがはじまりである。

新着ブログ: 真人公園