矢野浩三郎

(読書)
やのこうざぶろう

ホラー・怪奇小説を中心とした、英米文学研究家、翻訳家。1936〜2006 福岡県生まれ。
主な訳書に、スティーブン・キング「ミザリー」、ケン・フォレット「大聖堂」、ジョルジュ・シムノン「モンマルトルのメグレ」など。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ