知花昌一

知花昌一

(一般)
ちばなしょういち

1948年5月11日、沖縄県中頭郡読谷村生まれ。平和運動家。反戦地主。1998年より2010年まで読谷村議会議員を務める。
1987年に開催された沖縄国民体育大会で、読谷村のソフトボール会場に掲げられた日の丸を引き下ろし焼き捨て、メディアで大きく報道された。
1996年4月、米軍の使用期限切れを迎えた楚辺通信所(通称、象のオリ)内にある所有地に、土地の返還を求めて家族とともに立ち入り運動を起こした。
警察庁から、「国内最大のテロ組織である中核派がイニシアチブを取っている」と指摘されている百万人署名運動の、呼びかけ人として名を連ねている。

新着ブログ: 知花昌一