石山本願寺

(一般)
いしやまほんがんじ

1497年に摂津国石山(大阪市中央区)に建立された仏教寺院。後に浄土真宗の本山となった。戦国時代末期には要塞化して織田信長とも戦った。1580年に門主の顕如は和睦してその後石山本願寺は炎上した。石山本願寺跡地には豊臣秀吉が大坂城を築いた。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ