石川丈山

(一般)
いしかわじょうざん

1583年(天正11年)-1672年6月18日(寛文12年5月23日)
江戸時代初期の文人で、もとは武士。
本名は重之でのち凹、通称は嘉右衛門で字が丈山。号は六六山人・四明山人・凹凸窠・詩仙堂・大拙・烏麟・山木・山村・薮里・東溪・三足。 江戸初期における漢詩の代表的人物で、儒学・書道・茶道・庭園設計にも精通していた。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ