石狩灯台

(地理)
いしかりとうだい

石狩川左岸の河口付近に位置する、歴史ある灯台。石狩のシンボルである。
開設は1895年(明治25)。昭和32年には木下恵介監督の「喜びも悲しみも幾年月」の撮影舞台に選ばれる。このときに赤白の横縞に塗りかえられた。
昭和40年に自動化され、無人灯台となる。
光源の明るさは10万カンデラ、光到達距離は約23キロ。

この灯台がはまなすの丘公園の入口の目印。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ