砲艦外交

(一般)
ほうかんがいこう

武力を背景にちらつかせながら外交を行なうこと。
かつて列強が軍艦を相手の港に停泊させて外交を行なったことからそう言われる。帝国主義の常套手段とも言える。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ