祇王

(読書)
ぎおう

『平家物語』に登場する白拍子。見事な芸と美しさによって平清盛の寵愛を受ける。のちに清盛は別の白拍子・仏を愛するようになり、祇王は清盛のもとを追い出される。しかし、自分と同じ境遇である仏の芸を見るよう、清盛に勧めたのは祇王自身であった。祇王は母・妹と寂しく暮らし、やがてともに出家する。そこへ、かの仏も出家したいと言って加わり、四人は静かに暮らし往生をとげたのだった。


平家物語〈1〉 (岩波文庫)

平家物語〈1〉 (岩波文庫)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ