神風連の乱

(社会)
しんぷうれんのらん

神風連の乱(しんぷうれんのらん)

敬神党の乱とも。明治初期の不平士族の反乱。かねて神風連に結集していた復古的攘夷主義の旧熊本士族170名余が,1876年太田黒伴雄らに率いられ政府の開明政策,特に廃刀令に反対して蜂起した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ