秋葉神社

(一般)
あきばじんじゃ

日本のサブカルチャーの聖地、秋葉原、通称アキバの地名の由来となった「火伏せの神」を祀る神社(現在は台東区松が谷三丁目に移転した)であるが、
この神社は秋葉山本宮秋葉神社とは別の成り立ちである。

秋葉神社

(地理)
あきばじんじゃ

名称 秋葉山本宮秋葉神社(あきばじんじゃ)

祭神 火之神迦具土神(ひのかみかぐうちのかみ)

秋葉の火祭(秋葉祭)として名高い.十五日は阿礼祭・十六日昼は大祭と巫女神楽・夜に火祭り(防火祭)がある.

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ