称光天皇

(社会)
しょうこうてんのう

応永8年3月29日(1401年5月12日) 〜正長元年7月20日(1428年8月30日)
日本の室町時代の第101代天皇である。諱ははじめ躬仁、のち實仁に改めた。後小松天皇の第一皇子。
応永19年8月29日(1412年10月5日)から正長元年7月20日(1428年8月30日)まで在位した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ