稲田朋美

稲田朋美

(社会)
いなだともみ

衆議院議員(自由民主党)、弁護士(大阪弁護士会所属)。福井1区
弁護士として、「百人斬り名誉毀損裁判訴訟」の原告側弁護人。
早稲田大学法学部卒。


後援会の名称は「ともみ組」、後援会長は渡部昇一。
地元福井1区に限定せず全国展開しているが、現在の活動内容は一般の自民党政治家の後援会とあまり変わらない。

政治家として

  • 2005年8月17日、郵政民営化法案に反対した松宮勲への刺客候補として、福井1区の自民党公認で「稲田ともみ」として出馬。
    この出馬にあたっては、同年8月15日に靖国神社境内で演説した後に山谷えり子からスカウトされ、クライン孝子や水島総らがブレインとなったという*1
  • 2005年9月11日、当選。
    ポルポト政権の政策である徴農制を日本でも実施することを提唱している。
  • 2008年2月、映画『靖国 YASUKUNI』が反日的な内容なのに文化庁の助成金を受けたとして、批判的な国会議員による事前の試写会、事実上の検閲を求める*2。なぜか稲田と同じ主張をする右翼の妨害行動によって、映画はしばらく上映中止に追い込まれた。
  • 2009年8月30日、再選。
  • 2010年 副幹事長に就任。
  • 2012年 行革・公務員制度改革担当大臣に就任(第二次安倍内閣)。

*1:クライン孝子の日記(8月25日および26日の記述) http://www2.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=119209&start=11&log=200508&maxcount=39

*2:稲田はこれを検閲ではなく国政調査権によるものと主張したが、議員による国政調査は国会の委員会による議決が必要であり、議員個人が勝手な行動をする口実にはならない。

ネットの話題: 稲田朋美

人気

新着

新着ブログ: 稲田朋美