稲葉山

(地理)
いなばやま

戦国時代、美濃の国を治めていた大名、斎藤道三の居城があった城下町。
のちに織田信長によって占領されたところで現在の地名の元となった「岐阜」に改められた。
山としての稲葉山は、現在、金華山(きんかざん)と呼ばれている。

「稲葉山」と書いて「葉山」にミスヒットしてしまうのを防止するためのガードキーワードです。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ