竹熊健太郎

竹熊健太郎

(読書)
たけくまけんたろう
  • 1960年東京生まれ。編集者、エッセイスト、漫画原作者。
  • 桑沢デザイン研究所在学中、アリス出版(カルトマガジン「JAM」を出していた伝説の出版社)に出入りし、そのままズルズルと編集者兼文筆家になる。以後自販機雑誌・マンガ雑誌・サブカル雑誌等で活動。89年、漫画家の相原コージとともに「ビッグコミック・スピリッツ」に『サルでも描けるまんが教室』を足かけ3年にわたって連載する。90年代以降は「クイック・ジャパン」のメインライターとして康芳夫や川内康範、庵野秀明らのインタビュー記事を執筆。
  • 2009年、京都精華大学マンガ学部プロデュース学科の教授に就任。
  • 主な著書に『サルでも描けるまんが教室』(相原コージと共著/小学館)の他、『私とハルマゲドン』『庵野秀明パラノ・エヴァンゲリオン』『篦棒な人々』(以上、太田出版)『マンガ原稿料はなぜ安いのか?』(イーストプレス)などがある。

リスト::漫画家

ネットの話題: 竹熊健太郎

人気

新着

新着ブログ: 竹熊健太郎