笹川陽平

(一般)
ささかわようへい

1939年1月8生 明治大学政経学部卒業
日本財団 会長
WHO(世界保健機関)ハンセン病制圧特別大使
日本政府ハンセン病人権啓発大使

たばこ1箱1000円を産経新聞「正論」や自身のブログを通して主張し、たばこ議連の発足を促すなどたばこ増税論争の火付け役となった。

国際ガンジー賞受賞(2007年)、読売国際協力賞(2004年)

【主な著書】
「人間として生きてほしいから」(海竜社) 「世界のハンセン病がなくなる日」(明石書店) 「この国、あの国」(産経新聞社) 「二千年の歴史を鑑として」(日本僑報社)
「外務省の知らない世界の“素顔”」(産経新聞社) など

人間として生きてほしいから―私が見た「世界の現場」

人間として生きてほしいから―私が見た「世界の現場」

世界のハンセン病がなくなる日

世界のハンセン病がなくなる日

外務省の知らない世界の“素顔”

外務省の知らない世界の“素顔”

二千年の歴史を鑑として (隣人新書 1)

二千年の歴史を鑑として (隣人新書 1)

この国、あの国―考えてほしい日本のかたち

この国、あの国―考えてほしい日本のかたち

【動画】
コンゴ民主共和国ピグミー族との動画

「たばこ1箱1000円」に関する講演

ネパールでのハンセン病視察の動画

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ