筑波鉄道

(地理)
つくばてつどう

かつて、土浦(国鉄常磐線)と岩瀬(国鉄水戸線)を結んでいたローカル私鉄。非電化。1987年3月、国鉄の民営化と時を同じくして、高速バスつくばセンター路線といれかわるように廃止となった。関東鉄道系。
主な駅に、常陸藤沢、小田、北条、筑波、真壁などがあった。
路線の跡地はサイクリングロードとなっており、旧筑波駅跡に位置している高速バスの筑波山バスターミナルは、つくばエクスプレス開業までは「筑波駅」の名前が残っていた。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ