Hatena Blog Tags

筑紫地震

(サイエンス)
ちくしじしん

九州地方で起こった、「日本書紀」に記述が確認されている地震。
「日本書紀」によると、679年(天武7年)12月に筑紫国で大地震があり、地震で広さ2丈(約6m)、長さ3千丈余り(約10km)に地面が裂け、丘が崩れて民家が壊れずに動いた、などと記されている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ