箱田淳

箱田淳

(スポーツ)
はこだじゅん

プロ野球選手。旧名「弘志」。
右投右打、ポジションは投手→二塁手・内野手。背番号は15→3番。

1932年2月1日生まれ。広島県出身。
盈進商業高校から1951年、国鉄スワローズに投手として入団。

1953年、30試合に登板し、3勝8敗を記録。
翌1964年、二塁手に転向。

1965年、「淳」に改名。
俊足の選手として三塁打を得意としていた。
野手のリーダー格として、1950年代のスワローズを支えた。

1961年、A級10年選手制度の権利を行使し、大洋ホエールズに移籍。
移籍後も活躍。


1964年、現役引退。


引退後は野球解説者として活躍。

それまでセ・リーグで唯一身売りを経験した球団OBの繋がりを作ることに尽力。
2001年、球団創設50周年の際、スワローズOB会を発足させた。

新着ブログ: 箱田淳