篠原国幹

(一般)
しのはらくにもと

1837年1月11日〜1877年3月4日
幕末の薩摩藩士。軍人。
戊辰戦争で活躍後、帝国陸軍の少将となっていた。その後、西郷隆盛らとともに鹿児島に帰っていた。西南戦争の時には西郷隆盛らの薩軍として参加して戦死した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ