納屋

(一般)
なや

(1)別棟に設けた物置用の小屋。特に農家で、収穫物・農機具などを納める建物。
(2)漁村で漁網・舟などの保管あるいは漁師の起居のために海岸に設けた小屋。
(3)中世後期、海産物およびその加工品を収蔵するために港町に設けられた倉庫。
→納屋衆
(4)近世、河岸(かし)に建てられた商人の商品保管用倉庫。

三省堂提供「大辞林 第二版」より

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ