経津主命

経津主命

(読書)
ふつぬしのみこと

「日本書紀」などに登場する神。磐筒男神と磐筒女神との間の子である。葦原中国平定では武甕槌神とともに出雲へ天降り、大国主命と国譲りの交渉をしている。

新着ブログ: 経津主命