結城昌治

結城昌治

(読書)
ゆうきしょうじ

小説家、俳人(1927年(昭和2年)2月5日〜1996年(平成8年)1月24日)
本名:田村幸雄。
「結城昌治」は、都筑道夫とともに考えた筆名とのこと。

略歴

東京・品川生まれ。家業は戸越銀座で米屋を営んでいた。早稲田専門学校法科卒。
1949年(昭和24年) 早稲田専門学校を卒業後、東京地検に勤務したが、結核が発病。国立東京療養所で結核療養中、福永武彦、石田波郷らと知り合い、福永の勧めにより小説に興味を持つ。
1959年(昭和34年) 「寒中水泳」が「エラリイ・クイーンズ・ミステリー・マガジン短編コンテストに入選。同年処女長編『ひげのある男たち』を発表。
1963年(昭和38年) 『夜の終る時』で第17回日本推理作家協会賞を受賞。
1970年(昭和45年) 『軍旗はためく下に』で直木賞を受賞。
1984年(昭和59年) 『終着駅』で第19回吉川英治文学賞を受賞。
1994年(平成6年) 紫綬褒章を授与される。
1996年(平成8年) 呼吸不全で死去。

代表作

・『長い長い眠り』
・『仲のいい死体』
・『ゴメスの名はゴメス
・『白昼堂々』

新着ブログ: 結城昌治