絶対的貧困率

絶対的貧困率

(社会)
ぜったいてきひんこんりつ

該当する国や地域で生活できる最低水準を下回る収入しか得られない国民が全国民に占める割合の事。
設定する人の主観によって左右される指標である。


The Pew Global Attitudes Projectは
「十分な所得がないために生活必需品を買うことができなかった回答者の割合」をまとめている。
たとえば食料において同定義の数字は

日本4%、 アメリカ15%、 フランス8%、、イタリア11%、 カナダ 10%、 イギリス11%、 ドイツ5%。

http://www.jil.go.jp/kokunai/statistics/databook/2009/09/p271_t9-4_t9-5.pdf