罪業妄想

罪業妄想

(一般)
ざいごうもうそう

自分の行った行為が取るに足りないことでも、取り返しのつかない罪深いことをしてしまったと自らを責めるような状態。うつ病において典型的にみられる。
何も悪いことをしているわけではないのに「皆さまに対して申し訳ないことをした、」などといってきかなくなる場合がその例である。

新着ブログ: 罪業妄想