美津島町

(地理)
みつしまちょう

地名

長崎県対馬市 美津島町
平安時代後期に対馬国国司である阿比留氏の在庁が置かれ、宗氏が国司となるまでは対馬の中心であった。現在は対馬空港がある地区として知られている。

旧自治体

かつて長崎県対馬の中南部にあった町・地方公共団体。下県郡に属していた。
1955年3月1日に鷄知町と船越村が合併して「美津島町」となる。2004年3月1日に上対馬町上県町峰町豊玉町厳原町と合併して「対馬市」となった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ