翔べ!必殺うらごろし

(テレビ)
とべひっさつうらごろし

必殺からくり人富嶽百景殺し旅 → 翔べ!必殺うらごろし → 必殺仕事人

人気時代劇「必殺シリーズ」第14弾。時代劇としては異色ともいえる、超常現象を題材にした作品である。

1978(昭和53)年12月8日より1979(昭和54)年5月11日まで全23回にわたって放送された。

本作では超常現象の実在が前提とされており、それらに怯える俗世の人々からの依頼を受け、霊能力者である先生が事件解明に乗り出し、超常現象を引き起こす悪人を仕置していくというのが基本的な流れである。

製作にあたり題材な特殊なため、当時マスコミに超常現象に関する情報を提供する集団『UFO研究会』を外部ブレーンとして招き、作品に協力してもらっていた。

また、本作に登場するレギュラーメンバーは、住居も無く正確な名前も存在しない(正確な名前で呼ばれるのは「正十」だけだが、この正十も「新必殺仕置人」「必殺商売人」に登場した正八と同一人物説が流れており、定かではない)。

従来の必殺シリーズのコンセプトである「弱者の晴らせぬ恨みを晴らす」と、オカルト世界の共存という新境地を目指した作品であったが、準備期間が十分でなかったことに加え、視聴者からの反応は冷たく、その結果必殺シリーズ打ち切りが決定してしまうことになる。そして、この作品の失敗が次作「必殺仕事人」をきっかけとするシリーズを生むことになる。

再放送の機会も少なく、幻のシリーズとして希少価値の高い作品だが、1話ごとの完成度は高い。

最終回では若が病気ということでほとんど出番が無いのだが、これは若を演じていた和田アキ子が本当に体調不良で動けなかったからである。

ナレーション、あらすじ、スタッフ、キャスト、各話タイトル

ナレーション

二つの眼を閉じてはならぬ

この世のものとも思われぬ

この世の出来事見るがいい

神の怒りか仏の慈悲か

恨みが呼んだか摩訶不思議

泣き声見捨てておかりょうか

一太刀浴びせて一供養

二太刀浴びせて二供養

合点承知の必殺供養

(作:早坂暁 野上龍雄/語り:藤田まこと)

超自然現象

それを証明する多くの伝承が

古来より東西にわたって受け継がれている

この一行はこれからも

この様な未知の世界への旅を続けるだろう

たとえあなたが信じようと信じまいと

(作:早坂暁、野上龍雄/語り:野島一郎)

内容

太陽を信仰し、強力な霊能力を持つ行者・先生(中村敦夫)は、旅先の農村で中年の女に出会う。その女・おばさん(市原悦子)は4年前から記憶を何もかも失っており、当てもなく彷徨っていたのだった。おばさんが持っていた匕首を見た先生は、その匕首が使い込まれ、多くの人の血を吸ってきたものだと看破する。おばさんを霊視する先生。おばさんに子供がいたことが判り、それを告げた先生であったが、その言葉をきっかけにおばさんは自分の子供を探して旅をしていたことを思い出したのであった。

その頃農村では騒ぎが起こっていた。農村に奉られている木の仏像の目から血の涙が流れたというのだ。それも、十日続けてのことである。飢饉の折、泣く泣く間引いた赤子を供養するために立てられた仏像であったが、村人はその仏像の世話をしているお鶴(栗田ひろみ)と千吉(小林芳宏)が村を祟らせるために行っているのだと断定。お鶴・千吉夫婦の家を壊しにかかるが、偶然訪れた若(和田アキ子)によって救われる。

先生の霊視により、仏像の血の涙は農村へやって来た巡礼の女が、自分の娘に会いたいという怨念によって流れることが判った。巡礼の女は農村で死に、娘だけが残ったが当時村が飢饉であったため、娘は代わり水子として川へ流したという。その時、その場へやって来た若により、その娘は今村人が追い出そうとしているお鶴であることが判明する。

村人はお鶴・千吉夫婦に詫び、仏像もお鶴のところへ預けられた。ところが、血の涙を流す仏像の噂を聞きつけ、見世物にしようと企む江戸の悪徳香具師・三つ目の重蔵(山本麒一)によって、お鶴と千吉夫婦は無残に殺されてしまう。

二人の恨みを力に変えた先生は、おばさん、若と共に恨みを晴らすために動き出す。三つ目の重蔵一味を待ち構えていた先生と若。そこへ、おばさんが静かに接近する。「落としたよ……」無害な中年女に油断した一味の一人が無防備におばさんに接近。その刹那、おばさんの匕首が一味の男の腹に突き刺さる!

その姿を見た先生と若は三つ目の重蔵を急襲。正面きっての大仕掛けが始まった。

スタッフ

  • 制作
    • 山内久司(朝日放送)
    • 仲川利久(朝日放送)
    • 桜井洋三(松竹)
  • 音楽
    • 比呂公一
      • 主題歌「愛して」作詞・作曲:浜田省吾/編曲:井上鑑/歌:和田アキ子 RCA
  • ナレーション
    • 藤田まこと
    • 野島一郎
  • 題字
    • 糸見渓南
  • 撮影
  • 照明
    • 中島利男
    • 染川広義
    • 釜田幸一
  • 編集
    • 園井弘一
  • 助監督
    • 都築一興
    • 水野純一郎

キャスト

各話タイトル(全23話)

  1. 仏像の眼から血の涙が出た 脚本:野上龍雄 監督:森崎東 ゲスト:山本麒一 栗田ひろみ
  2. 突如奥方と芸者の人格が入れ替った 脚本:野上龍雄 監督:森崎東 ゲスト:小山明子 新田昌玄 左時枝
  3. 突然肌に母の顔が浮かび出た 脚本:石川孝人 監督:松野宏軌 ゲスト:伊藤幸雄 弓恵子 藤岡重慶
  4. 生きてる娘が死んだ自分を見た! 脚本:吉田剛 監督:工藤栄一 ゲスト:泉じゅん
  5. 母を呼んで寺の鐘は泣いた 脚本:保利吉紀 監督:松野宏軌 ゲスト:白川和子 横森久
  6. 男にかけた情念で少女は女郎に化身した 脚本:石川孝人 監督:原田雄一 ゲスト:有川博 佳那晃子
  7. 赤い雪を降らせる怨みの泣き声 脚本:吉田剛 監督:原田雄一 ゲスト:佐野アツ子 山谷初男 御木本伸介
  8. 足の文字は生まれた時からあった 脚本:猪又憲吾 監督:松野宏軌 ゲスト:野口ふみえ 田口計
  9. 家具が暴れる恐怖の一夜 脚本:山浦弘靖 監督:原田雄一 ゲスト:伊達三郎
  10. 女は子供を他人の腹に移して死んだ 脚本:山浦弘靖 監督:松野宏軌 ゲスト:早川絵美 天津敏
  11. 人形が泣いて愛する人を呼んだ 脚本:吉田剛 監督:原田雄一 ゲスト:草薙幸二郎
  12. 木が人を引き寄せて昔を語る 脚本:荒馬間 監督:松野宏軌 ゲスト:今井健二 佐藤万理
  13. 手が動く!画家でないのに絵を描いた 脚本:山浦弘靖 監督:原田雄一 ゲスト:小坂一也 山本昌平
  14. 額の傷が見た!恐怖のあしたを 脚本:山浦弘靖 監督:松野宏軌 ゲスト:岡田英次 泉晶子 佐々木剛
  15. 馬が喋べった!あんた信じるか 脚本:松原佳成 監督:原田雄一 ゲスト:清水糸宏治 江幡高志
  16. 病床で危篤の男が銭湯にいた! 脚本:山浦弘靖 監督:松野宏軌 ゲスト:鶴田忍 井上昭文
  17. 美人画から抜け出た女は何処へ? 脚本:山浦弘靖 監督:高坂光幸 ゲスト:早乙女愛
  18. 抜けない刀が過去を斬る! 脚本:石川孝人 監督:高坂光幸 ゲスト:伊藤高 大木実 小林かおり
  19. 童(わらべ)が近づくと殺人者(ころし)が判る 脚本:石川孝人 監督:原田雄一 ゲスト:戸浦六宏 浜田寅彦
  20. 水探しの占い棒が死体を見つけた 脚本:山浦弘靖・白石裕巳 監督:高坂光幸 ゲスト:稲葉義男
  21. 夜空を飛ぶ女が見た悪の罠 脚本:猪又憲吾 監督:原田雄一 ゲスト:犬塚弘 服部妙子 住吉正博
  22. 死人が知らせた金のありか 脚本:山浦弘靖 ゲスト:赤座美代子 加賀邦男 平泉成
  23. 悪用した催眠術!先生勝てるか 脚本:山浦弘靖 監督:原田雄一 ゲスト:浜田晃
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ