耳うどん

()
みみうどん

栃木県佐野市仙波・牧・小屋の郷土料理の一。
この地域では、耳うどんをお正月に食べる習慣がある。
四角く切ったうどんの生地を「耳」の形に折って茹で、野菜や肉の入った汁に入れた料理。

由来

この耳は、鬼の耳を意味しており、正月に食べると1年間他人の悪口が聞こえなくなって、近所付合いが円満になると言われている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ